地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、市川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

市川の地域情報サイト「まいぷれ」

本光寺の夏詣特集

夏詣限定の御朱印! 期間限定アイテムで恋愛運パワーアップなど盛り沢山【7月1日~7日開催】

3年前浅草神社から始まった「夏詣(なつもうで)」
昔からの風習を元に生まれた、日本の新しい文化として徐々に広まってきていることをご存知でしょうか?
市川大野にある本光寺では、昨年に引き続きこの「夏詣」に賛同。

縁切り、縁結びで訪れる人の多い本光寺で、2018年7月1日(日)~7日(土)にいつもとはちょっと違う一週間の「夏詣」期間を設けます。女友達やカップルと、もちろんご家族や、お一人でもOK! 夏詣をして、悪い縁を祓い素敵な縁を手に入れてみませんか?

6月30日は夏の大みそか?夏越の大祓という日本の習慣

「夏詣」は、日本に伝わる「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」という伝統文化を復活させ伝え広めようと始まったものです。
私たちは大みそかに1年間の罪けがれを祓い清め(年越しの大祓(としこしのおおはらえ))、元旦にはその年の平穏を願うため神社や仏閣に初詣をします。それからちょうど半年。6月30日は過ぎ去った半年の無事を感謝し、7月1日以降来たる半年の平穏を願うべく詣でるという習慣を「夏詣」と呼ぶことにしたのです。

この新しい習慣に、本光寺も昨年から賛同参画しています。本光寺には、縁切りの神様と縁結びの仏様が祀られていて、半年間の悪運を祓いこれからの良縁成就を祈願するには最適の場所なんですよ!

本光寺の夏詣ってどんな感じ?

本光寺の夏詣は7月1日~7日に開催。本堂の受付時間は9時から17時までとなります。どのように参拝するのか、今回特別に尾藤宏明住職に教えていただきました!

1、手水舎で手を清める

門を入り左手に進むと「手水舎」の看板があります。茶庭で手を洗い口をすすいで身を清めましょう。オリジナルキャラクターの「ぴかりん住職」が描かれた看板を見ると、手水のやり方が分かります。

2、本堂をお参り

本光寺にお参りに来たことをご報告します。合掌して祈りをささげましょう。ここには「不動明王」や「金大古久天」がいて、人気のキャラクター「木魚のぽっくん」も出迎えてくれます。

3、「縁切りの神様」がいる稲荷堂へ

稲荷堂には7人の神様が祀られています。その中の一人「縁切りの神様」である「源三位頼政和光尊儀」に悪縁を断ちたい想いを伝えましょう。源頼政公は平安時代の武将。悪縁を断つご利益があると言い伝えられています。

4、「切り火」で魔を祓い浄化

ここではスマホなどのアイテムを浄化することができます。
稲荷堂の置き場にスマホを乗せ、階段を下がり「切り火」祓いをしましょう。金属の板を左手に、火打石を右手に持ち、勢いよくこするようにぶつけると火花が出ます。切り火が出たら浄化が完了です。
切り火は昔から悪いものを祓い清める効果があると言われ、夫が外出する際、妻が玄関で切り火をし送り出す家庭も多かったそうです。

5、総合受付へ

受付で「夏詣で来た」と伝えて、本堂を案内していただきましょう。
夏詣限定の「御朱印」と「御首題」(日蓮宗の御朱印ともいえるもの)をご希望される方は、受付でその旨を申し出てください。ここで御朱印帳も預けます。さらに夏詣期間のみ、恋愛パワーをアップさせる、ちょっとビックリするような可愛いアイテムを正面玄関に用意し設置しています! スマホで写真を撮り、待ち受け画面にするとご利益がありますので、ぜひ撮影しましょう。

6、本堂内にいる「縁結びの仏様」

本堂には仏教の仏様「愛染明王」が祀られています。恋愛を成就させ、愛情に満ちた結婚を守護すると言われていますので、良縁のご加護を頂戴しましょう。

7、夏詣の様子をSNSで投稿してプレゼントをもらおう!

本光寺の夏詣限定!!

夏詣の様子をTwitterなどのSNSに「#本光寺で夏詣」と記載し投稿すると限定サービスがもらえます!

お寺の受付で投稿画面を見せると、ハートの絵馬かぽっくんの絵馬、または水みくじを貰える特典がありますので、忘れずに申し出てくださいね。

8、願いを形に、オリジナルのお守りも

御朱印をご希望していた方は、受付で御朱印帳を受け取ります。御朱印は参拝の証。それ自体が有難くご利益がありますので大切にしましょう。

本光寺は様々なおみくじやお守りもあるので忘れずにチェック! 訪れた人とお揃いにしたり、アクセサリー感覚で選んでも良いですね。絵馬は、恋愛運に最適な可愛いハートの絵馬がおススメです。

最後に、門を出ずにそのまま駐車場をまっすぐ進むと「きずな之湧水」があります。
655年前から湧き立つ井戸はパワースポットとしても注目されていますので立ち寄ってみてくださいね。

これが本光寺の夏詣での流れです。きっとこれから素敵な縁と運気が巡ってくることでしょう!

あったかい住職が皆様をお待ちしています

 

境内を丁寧にご紹介してくれたのはご住職の尾藤宏明さん。熱いお気持ちとユニークさも持ち合わせていて、何でもお話してしまうような親しみやすい雰囲気があります。取材に訪れた時はお子さんもいらっしゃり、元気に挨拶もしてくれました。

本光寺は、温かさあふれるお寺です。縁切りや縁結びというのは、恋愛だけを指すのではありません。恋愛から結婚、子に恵まれれば家族の縁が大きくなっていきますし、友人の縁、仕事の縁、たくさんの縁があって私たちは生きています。本光寺が子育てを応援し地域の繋がりを大切にしているのも、そんな縁をとても大切にしているからなのだと感じました。

夏詣の時期は、恋愛・結婚成就をはじめ、就職祈願、子宝祈願や安産祈願なども増えるそうです。七夕の行事の一つとして、気軽にお寺で願い事をするのも良いかもしれませんね!

この半年間の無事を感謝し、これからの半年を穏やかで素晴らしい日々を過ごせるよう、今年は本光寺の夏詣に足を運んでみてはいかがでしょうか。