地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、市川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

市川の地域情報サイト「まいぷれ」

体の痛みはなぜ起こる?筋肉に備わる守る仕組み 市川駅徒歩5分

 ミオンパシーサロンUROOM千葉市川のニュース

体の痛みはなぜ起こる?筋肉に備わる守る仕組み 市川駅徒歩5分
前回は、筋肉の守る仕組みであるロック現象についてお話しました。

筋肉のロックについて詳細はこちら↓をご覧ください。
ミオンパシーサロンUROOMサイト
痛みの仕組み・ストレッチとの違い

さて、筋肉は生活や仕事でもロックします。
今回は筋肉ロックの視点から日常生活で起こる痛みの仕組みを考えていきたいと思います。

まずは「慢性的な痛み」です。
ロックした筋肉は自分の意思とは関係なく軽く力が入った状態になります。

筋肉がロックされると毛細血管を圧迫され血流を悪化させます。

血流が悪化すると酸素不足を引き起こしてしまい、「ブラジキニン」という物質が分泌されす。これを神経がキャッチし脳に到達すると痛みを感じるのです。

血流が改善すると一時的にブラジキニンが発生しなくなります。
マッサージをしたり、お風呂に入ると楽になるのはこのためです。
しかし、筋肉は硬いままなので血流が落ちると再び痛みが出始めます。

次に「関節の痛み」です。
関節が痛くなると、関節そのものに問題が起きていると感じてしまいますが、多くの場合、関節に繋がっている筋肉が硬くなり、関節の動きが阻害されて痛みが発生します。
痛みの原因は上記と同じブラジキニンの発生によるものです。

例えば、太ももの前側の筋肉である大腿直筋が硬くなり、伸びにくい状態で膝を曲げようとすると、膝の関節に無理な負担がかかって痛みが出ます。
関節そのものが痛みを発生するのではなく、関節周辺の筋肉から痛みが発生します。

痛みを緩和させるためには、ミオンパシーの施術で「筋肉のロック」を解除し、血流を改善したり、筋肉を元の状態に戻して関節の動きをスムーズにすれば良いのです。
筋肉ロックを改善して、痛みのない生活を送りましょう。

ご予約はこちらからどうぞ。
https://www.uroom.jp/ichikawa/


ご相談いただいたお身体の状況から、適切な施術コースをご提案いたします。
ご予約前に相談したい!という場合はサロンまでお気軽にお電話ください。

電話番号:0120-321-919

カレンダー掲載内容

タイトル体の痛みはなぜ起こる?筋肉に備わる守る仕組み 市川駅徒歩5分
日付2018年11月3日
ラベルお知らせ
カイロ・整体[整体院・サロン]

ミオンパシーサロンUROOM千葉市川

UROOMニュース&イベント
最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ